砂川市・飲酒ひき逃げ死亡事件まとめ

この記事の所要時間: 9152



8月15日 HTBで本事件を取材した『”狂走”の果てに』が放映される

HTBの『”狂走”の果てに』では、STVでは出来なかった「同乗者への接触」の成功を前宣伝でウリとしていたが、その同乗者らの言動たるや酷いものだ。先日の週刊誌での報道にあった同乗者らの事故後の言動も説得力を増す。

なお、古味の同乗者は谷越やその同乗者の場合と違って、古味と共にその場から即逃走し、翌日出頭したものの、この時点ではあくまで重要参考人であったのでマスコミは事故直後から氏名を伏せたままだ。そして今に至るまで、古味の同乗者は氏名が全く不明である。

同乗者本人にしてみれば、これぞまさに逃げ得。

8月19日 古味、谷越の両名が道路交通法違反で追起訴

谷越が酒気帯びでの追起訴。古味がひき逃げでの追起訴となっている。

8月27日 道警が飲酒チクリボックス開設

道警が飲酒運転の情報提供を呼びかけるメールフォームを開設した。このチクリボックスには、古味っぽい人たちの情報を匿名のメールにて送ることができる。もちろん、谷越っぽい人たちもだ。匿名どころか、スマホの固有の端末情報はサーバーに記録されているだろうからバレバレだろ。誰が送るんだろうか・・・。ジジイとか若い女は送るんじゃね?

9月9日 元野球選手の磯村秀人容疑者が飲酒運転で逮捕

砂川市内で飲酒のうえで車を運転して、道路脇の電柱に衝突する自損事故を起こし、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで元日本代表野球選手・磯村が砂川警察署に逮捕された。

これで例の事故を含め、砂川市内の飲酒運転による逮捕者は4人目である。

ただ、今回の逮捕者は札幌市民であるにもかかわらず、ネット上には「懲りない市民」という単発レスがあった。


10月9日 (谷越の)同乗者らが書類送検

谷越と古味の両車両に同乗していた人物らについて警察は事情を聴くなどしていたが、10月になり、谷越の同乗者らがついに道交法違反(飲酒運転同乗)の疑いで書類送検された。今回、逮捕ではなく書類送検のため、マスコミによる実名報道は無し。

ただし、事故の一報で谷越の同乗者については、すでに氏名は報道済みで広くネット上に氏名が出ている。

一方、今回の事故で古味が滝川市内に逃走し、市内の友人宅へ車を隠したことも明らかになっているが、この隠匿に関わった者も証拠隠滅の容疑で書類送検されている。

なお、この同乗者たちであるが、「赤だった」とか「自分だったら止まった」などという脱力するような発言で古味らを裏切っており、興味深い。

イメージ的には、半グレの世界って「裏切り行為は所属する集団に対する重大な背信行為、組織の権力者の顔に泥を塗る行為」であり、後で集団リンチ対象になりそうにも思える。少なくとも彼らが好きそうな映画ワイルドスピードで韓国人役者がそれを熱演していたはずだ。トーキョードリフトな。

が、さすがの同乗者もわが身可愛さだったのか、古味らを即座に警察に売り渡しているところが笑えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする