砂川市・飲酒ひき逃げ死亡事件まとめ

この記事の所要時間: 10230

事故現場「砂川市中心部を走る国道12号」って危ないの?うん。危ないよ。

本州の観光客が北海道へ来るとその交通マナーの悪さに呆れかえると言うが、それを如実に表したのが道央を貫く12号だ。国道12号は札幌市から旭川市へ至る一般国道である。「日本一長い直線道路」の異名を持つこの12号であるが、その原始は1886年(明治19年)5月に着工され「死の突貫作業」によって生まれた「囚人道路」こと上川道路にまで遡る。

上川道路の工事作業には樺戸集治監、つまり刑務所の受刑者が使われ、過酷な強制労働によってわずか90日で開通したという。平民には人権なんぞ無いに等しい明治の日本。蝦夷地の囚人には使い捨てのブラック飲食店のようにさらに無い。

帝愛並みの過酷な強制労働に囚人が隙をついて脱走でもしようものならば、耳に穴を開けられて、耳と足を鎖でつながれたという。重労働にもかかわらず、自称アットホームなお店です!同様にロクな食事も与えられず、過酷な長時間作業によって工事現場で絶命する者が多数いたが、その散った囚人の命の数は虫けら同様だとされたのか、記録には残されなかった。

また、その遺体も手厚く葬られることは無く、12号の土中深く今も多くの鎖につながれたままの遺骨が埋まっており、未来永劫、掘り起こされて供養されることはない。我々は日々彼らの上を通る。彼ら囚人の中には殺人を犯した凶悪犯だけでなく、政府に文句を言って捕まったいわゆる思想犯もいた。彼らもまたこの使役により命を落としている。

このような黒歴史はともかく、現代では交通機動隊砂川分駐が設置され、平穏が保たれていたようにも思える。

しかし、それもつかの間。近年の同分駐廃止も相まってか、過酷な道路状況となっており、自動車の高性能化、”マイルドヤンキー”と称されているチンピラを絶好の顧客としたトヨタ自動車のミニバン販売戦略もあってか、もう道路マナーは滅茶苦茶。

周りを見れば、酔っ払いの砂川市議の高級セダンや女性配達員の車が街路樹に突っ込んでいる。同僚と酒盛りして二日酔いで出勤し、パトカーを飲酒運転しようとする砂川市の警察官がいる。小学校の運動会で保護者が酒を飲み、飲酒運転で普通に帰る。

こんな無法地帯を観光客のレジャッコが制限速度で走ろうものならば、ガンガンに煽られ、ワルそな奴らの機嫌が悪ければ殺されかねない荒れたスイートロードだ。

半グレ、ヤクザ気取りって昔より確実に増えた感じがする。

谷越と古味らに被害者が殺された事故現場の交差点。12月を迎え、事故から6カ月経った当時、現場近くのガードレールには花が手向け(たむけ)られていていた。

そして11カ月が経った2016年5月現在も欠かすことなく花が手向け(たむけ)られている。何処のテレビ局かはわからないが、中継後にスタッフ全員がしゃがみ込んで手を合わせていたパフォーマンスも忘れられない。

この交差点はちょうど「こどもの国」へ向かうためのルートでもあり、小学生のころはよく連れて行ってもらったが、当時国道12号の交通戦争や空知のこんな近所に半グレ(チンピラ)がいるなんて考えもしなかった。

ただでさえ、警察の取締りの何が憎いのか日常の取締りに対して、一方的に「暇人」「いじめ」などとヘイティする人もいる。しかも、わざわざ取り締まり中の写真を撮ってまでして。警察の交通取り締まりにそんなことをいう人間がいるとは、小樽ドリビの被害者もさぞや無念だろう。

クローズアップ現代では飲酒運転のボクメツに取り組む本州の飲食店、そして警察の取り組みを紹介していたが、同番組は飲酒運転そのものの問題だけでは済まない、もっと根深い問題があると言いたげだった。

事件を引き起こした当事者の両容疑者。常連の容疑者に酒を提供した某店。日常的な飲酒運転を知っていたであろう谷越の家族。事前に容疑者の危険な運転を住民が目撃しつつ、一件も砂川警察署へ通報が無かった事実。

それにしても砂川近辺の半グレの多さにも閉口する。公道とは限らない。砂川では過去に交通トラブルで土木作業員の親子がツルハシで一般車両を襲った事件や、ホテル経営のババアが落雪のトラブルから隣家に重機で突撃した事件も起きている。それは半グレなのか?ぷっ。

なお、プレス空知2015年6月17日付では、砂川警察署長の話として「現在、砂川市内には約10名ほどの反社会勢力(いわゆるヤクザ)の人物が依然として存在している」と報じられていた。

砂川市のみならず、空知管内には今回逮捕された二人の容疑者のような人間が潜在的にもっと多くいるのではないだろうか。

そんな人間たちが何食わぬ顔で手配師をしていたり、一人親方だったり、飲食店や土木会社を経営しているというのもチョット恐ろしい。「なんでこいつ、この程度の規模の会社やっててレクサスや210系クラウンなんか乗れるんだ?」と思うことも間々ある。いや、そら消費者金融だろうけど。

そんなブラック会社で働いたら、会社受け取りの保険かけられて店や寮に放火されたり、車や食い物に何かをシカケられて殺されそうだ。

ちなみにコレ、実際にあった事件で「夕張保険金放火殺人」であるが、放火を指示した犯人の炭鉱作業員手配業(個人経営のハケン屋みたいなもの)の社長夫婦はともに死刑。警察が放火を見抜けず、失火扱いにして火災保険と「会社受け取りの従業員死亡保険金」が満額支払われたという、げに恐ろしき事件である。なお、夫婦に指示されて火をつけた共犯で手下の従業員が「今度は自分が焼殺される」と恐れて逃げ、警察に半ば保護を求める形で自首したことで事件が発覚。

元々、空知は炭鉱街だ。個別の街を特定して言うわけではないが、今は大夕張ダムの底に沈んだが、帝愛グループや蟹工船のようなリアルがつい最近までそこにあったのだ。脅迫で従業員を支配し逃げないようにして。苦行あるとこ、ヤクザがつきもので。ダムの底の蟹工船。

だが、炭鉱の閉鎖で空知一帯が没落し、やくざもうま味が無いとほとんどが逃げ出していったのだろうが、残ったのが次世代である谷越や古味のごとき半グレというところか。

ちなみに先日、妻とケンカして失踪して自殺した前代未聞の静岡県警刑事部長も夕張出身で親が炭坑夫だったそうで、閉山に伴い静岡に移住したという詳細なプロフが県警公式サイトに載っていた。

福岡の修羅は、没落した元炭鉱街の空知にとっては遠い異国の出来事ではない、といったところかもしれない。「会社受け取りの従業員死亡保険金(契約によっては業務外での事故も対象)」・・・ソレがリアルで存在するということにぞっとする。

そして、考えてみると今の原発業界のホームレスかき集めて放射能ふきふき使い捨て作業員さんチームにしてるのを見るとかつての炭坑夫みたいだな。なんだ、放射能ふきふき使い捨て作業員さんチームって。

あわせて読みたい