砂川市一家5人死傷事故について

事故後、数日から数週間の警察署の様子

画像はTBSニュース報道より引用 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2516942.html

2015y06m14d_012938434この事件では砂川警察署だけでは対応できないとして、事故当日の深夜のうちに道警本部から鑑識車両や覆面パトカーなどが多数現場に集まって本部の交通部総動員で採証を行っていたのが印象的だった。

一方、谷越は滝川署に勾留されていた。

同乗者を監視するためか、滝川市内の公立病院には覆面パトカーがべったりと張り付いた。事件から数日経って、滝川署の横を通るとマスコミが30人ほどいた。滝川署に勾留されている谷越の姿を狙おうと、キヤノンの白レンズが何本も狙っていた。

谷越が滝川署裏口から、制服と私服に連行され、人権配慮のためのカブリ物を被った状態で出てくると、何台ものデジタル一眼レフの外付けストロボが閃光を放った。

谷越を乗せたミニバンの覆面パトカーは裏の駐車場から出ると、いずこかへ走り去り、何台もの報道機関の車両がそのあとを追っていった。

その後もしばらく、滝川警察署には捜査車両が連日のように出入りし、あわただしく捜査を行っている様子が傍からも分かった。道警本部は総動員で事件解決に当たっていたのだろう。

一方、砂川警察署では古味容疑者を事故現場に立ち会わせての実況見分を行った。

テレビでは捜査車両の後部座席に座る古味が恨みがましく周囲を睨みつける様子が、捜査車両の濃いスモークフィルム越しにうっすら映っていた。

どうせ刑事に「アンタさあ、仏さんに手ぐらい合わせたらいいしょや。アンタそういう感情無いのかい」などと底辺飲食みたいにたたみ掛けられたのだろう。その後の刑事からの取り調べでも恫喝されてるんだろうなあと光景が目に浮かぶ。

一方、中学生の次女は当初重体であったが、現在は回復し、砂川市以外でリハビリ中との報道がなされた。次女は、“右足”および頭蓋骨骨折、「軸索」と呼ばれる神経細胞の一部を損傷するなど重い後遺症を負ったという。

改造車の古味は車検受けず、自賠責保険未加入の無車検運行だった

また、古味は無車検だった。つまり、自賠責保険に加入しておらず、今回自賠責からの通常の保険金は被害者に出ない。

古味が現場から逃走した後付けの理由というのが、この「車検切れ・自賠責未加入」。

現場から逃走した理由について、古味容疑者は「事故の前に、飲食店で、ビールジョッキ1杯を飲んだ。車検が切れていたので、事故現場から立ち去った」と供述しているという。

引用元 FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00294404.html

しかし、自賠責には加害者が無車検で自賠責未加入の場合であっても、国土交通省(国)が加害者に代わって被害者に補償金を出してくれるという被害者救済制度がある事を忘れてはならない。

そして、国土交通省(国)があとから、加害者に対して求償を行うのである。その根拠が以下である。

加害者が自賠責保険(共済)に加入しておらず、国土交通省が損害賠償責任者(加害者や自動車の所有者など)に代わって被害者に損害のてん補を行った場合、国土交通省は、被害者が本来の損害賠償責任者に対して有する損害賠償請求権を代位取得し、損害賠償責任者に対して求償を行います。 また、被害者が国民健康保険や労働者災害補償保険などの各種社会保険を利用した場合には、国土交通省以外の政府機関からもその損害賠償額を求償されることになります。 損害賠償責任者が弁済しない場合には、国が損害賠償責任者を相手に、損害賠償請求訴訟を裁判所に提訴することになります。 その後、裁判所の判決に従い、損害賠償責任者が所持している自動車、土地や建物、給与等について差し押さえを実施し、裁判時に回収を行うことになります。

典拠元 国土交通省公式サイト
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/jibai/punish.html#kyuusyou

つまり、古味に代わって国が被害者(この場合は遺族)に賠償を支払った分を国があとから古味に請求する。

古味の財産の有無は当方が知る由もないが、古味に資産無き場合、国は古味の家財などを差し押さえるべく、裁判所へ差し押さえの手続きを粛々と進めるわけだ。

今回の事故は会社の業務中でもなく、古味のプライベートな事故であるから、会社に請求などもできない。古味は成年であることから、親が子の責任を負うこともない。彼の親は無理心中で他界しており、いないのだが。

ごろつきが無車検運行で事故を起こすと、その代償は紳士淑女の皆様方の税金で補てんされるというわけ。上級国民悔しくないのォ?

なお、事故を起こさずとも無車検運行自体が不法行為であり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となる。被害者の保護は当然だが、財源が税って、いいのかこれ?