赤平市職員が561万円横領。返したので刑事告訴はせず

この記事の所要時間: 17

赤平市職員が561万円を横領。

全額返済したので刑事告訴はしません とのことです。

市の報告によりますと、社会福祉課の40歳の男性主査は民生委員の運営に使われる費用556万円と火事に遭った世帯に支払われる見舞金5万円のあわせて561万円を着服していました。

中略
男性主査は市の調査に対し「競馬などのギャンブルや飲食代に使った」と話し、先月29日までに全額を弁済しているということです。
男性主査は先月23日から自宅謹慎中で、赤平市はこの男性主査を刑事告訴はせず懲罰委員会で処分を決めるとしています。

引用元
http://news.hbc.co.jp/04051200.html?time=1491388768741

火事にあったお方の見舞金まで盗むとは。

お金を返すと刑事告訴されないんですね。

赤平市横領事件は以前も市立病院で起きているようです。

https://sp.logsoku.com/r/2ch.net/newsplus/1111963455/

このときも横領した職員の家族が返済したため、市は刑事告訴しなかったと報じられています。

それとギャンブル依存症は早急な治療が必要ですね。

以前勤めていた職場の上司も仕事が終われば毎日パチンコでしたね。

あわせて読みたい