間違って女湯に全裸で入った赤平市職員さんが逮捕されてしまう

間違いは許されないのが日本社会だが、今回の事件に限っては間違いかどうかは不明です。

北海道警察は温泉施設の女湯に正当な理由なく入ったとして、建造物侵入容疑で21歳の赤平市職員を現行犯逮捕したようです。以下に典拠を示します。

北海道警赤歌署は25日、温泉施設の女湯に忍び込んだとして、赤平市、同市職員の男(21)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。同署の調べに「間違って入ってしまった」と容疑を否認しているという。 発表によると、男は同日午後6時45分頃、歌志内市歌神の温泉施設「かもい岳温泉」の女性風呂に正当な理由がないのに侵入した疑い。脱衣所にいた女性客が女湯に全裸で立っている男を見つけ、男性従業員がその場で取り押さえた。

典拠元 https://www.yomiuri.co.jp/national/20181026-OYT1T50040.html

ところでこの事件の被疑者、上記の記事では名前が出ておりませんが、実は当初の読売の記事では実名が出されていたのです。その後、読売は氏名を伏せ、『男』と表記を変えるとても不思議な記事の伝え方をしています。ほかのニュースでも当初、実名を掲載していたのにもかかわらず、数日で記事を削除しています。

『一度出した文章を訂正、削除するとは何事か』と、攻撃性をむき出しにする人間が中にはいますが、筆者としては大手マスコミも普通にやってるのだなあと妙に感心してしまいました。

一応、報道機関によって氏名が報道されていた証拠は残しておきますのでご確認ください。以下のスレによれば金曜日には出ていた実名が翌日には削除されたとのことです。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540527077/

ところで、上のスレでひとつ気になったレスがあるのです。

601 :名無しさん@1周年:2018/10/26(金) 21:21:33.48 ID:ic+rDlY+0.net

逮捕して名前晒して本当に大丈夫か?

大丈夫じゃないという思惑が報道機関の間で沸いたのだろうということは容易に想像できますね。

保身のためなら一度配信した報道記事も削除したりするのは普通のこと。わが身かわいさは大手報道機関もそれ以外も同じです。