滝川市の飲食店経営者・長谷川匡(はせがわたすく)、店の詳細、顔写真、すべて判明!

この記事の所要時間: 1619

こんにちわ。道産小麦ははるゆたか、読ませるチカラはソラチから。ばばーん、今日も毒舌冴える、きれい、やすい、楽しい、nakasorachi.netです。もっとキャッチコピーひねればって思いますよね。なんだよ、きれいやすいたのしいって・・・。華原朋美かよ。たのしくたのしくやさしくね。うるさいわ。すべてが本心とは思わないでください(最強の免罪符セリフ!)

今回のまとめ記事は札幌で妻をイジメてるところを通りがかりの有名な元・女子プロレスラーに止められた挙句、髪の毛を引き抜くなど一方的に暴行を加え、駆け付けた捜査員に現行犯逮捕され、一晩で全国に名が知れ渡った滝川市の飲食店経営者・長谷川匡(はせがわたすく)氏について取り上げ、報道された事実を典拠として書いてみます。

事件の経緯

2018年11月19日午前3時10分ごろ、札幌市中央区南4条西6丁目の立体駐車場に、滝川市の飲食店経営者・長谷川匡(たすく)氏・27歳は妻と一緒に来ていたのですが、長谷川匡(たすく)氏は事件当時、かなり酒に酔っていたらしく、立体駐車場内で妻とトラブルを起こしていたと報じられています。

引用元 報道ランナー

妻は『やめてよ!』とか『助けて。警察を呼んで』などと悲痛な声を挙げています。その悲鳴を聞いたのは、たまたま現場近くを歩いていた元・女子プロレスラーの長与千種(クラッシュ・ギャルズ)さんと現役の女子レスラー数名。彼女たち一行はちょうど札幌市内で開催されていた試合で来札していたのです。

彼女たちはすぐさま立体駐車場の階段を駆け上がって悲鳴のもとへと駆けつけます。

するとそこではなんと、長谷川匡(たすく)容疑者店長が妻に馬ノリになる形で足首などを押さえつけるなど暴行を加えています。文字通りのマウンティング。このとき、長谷川匡(たすく)氏の妻は裸足の状態で、膝にけがをしていたそう。

すぐさま長与千種さんは長谷川匡(たすく)氏の暴力を制止するため、果敢に行動を起こしたのです。

長与千種さんの説諭に逆切れしたのか、長谷川匡(たすく)氏豹変!報道によれば『俺の女房に何しようと勝手だろう』と言い放つ!

HTBのイチオシ!の報道によれば、長与千種さんは長谷川匡(たすく)氏と、倒された状態の妻の元に駆け寄って「女の子に何やってるの!」と一喝のうえで、長谷川匡(たすく)氏の襟元をつかんで、近くの車のほうへ同氏を移動させ『本当に落ち着いて。そういうことやらないで!』と説得。

長与千種さんの説諭に対して、長谷川匡(たすく)氏は『離して離して。とりあえずわかったから離して』と言い、一旦、落ち着いた様子を見せましたが、長谷川匡(たすく)氏は豹変。フェイントだったのです。

長谷川匡(たすく)氏は自らの襟もとをつかんでいた長与千種さんの手首をグワッ!!っと自分の手で引っ剥がすと、今度は長与千種さんに対して襲い掛かり、彼女の髪の毛をつかんでその場に引きずり倒したのです。

引用元 アベマニュース

 

そして、長谷川匡(たすく)店長は先ほどの長与千種さんの「女の子に何やってるの!」という質問に対する回答なのか『じゃあ教えてやる』と言い放ち、さらに彼は逆上し『俺の女房に何しようと勝手だろう』というセリフを放ちます。出た~ッ。キメ台詞w

報道を一部引用し、以下に典拠を示します。

『じゃあ教えてやる』と『俺の女房だから』と。『俺の女房に何しようと勝手だろう』と。自分、仕事柄、絶対に手を出せないので、頭を持っていかれた瞬間に本当は怒りMAXに来ているんだけど、それをやってしまうとダメなので、されるがままの抵抗みたいな。

報道引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181119-00000042-nnn-soci

いやー怖い!なにこれマジ怖い。

妻は夫の所有物ではないはずです。何をしてもいいわけありません。でも本人はそう思っているわけでして。

この一連の暴行で、長谷川匡(たすく)店長は長与千種さんの髪の毛を引っ張り、かなり大量に引き抜いたうえ、小指にも骨折の疑いのあるケガを負わせました。長与千種さんは事件後『油断してしまった』と述懐していますが、彼女はこの暴行の最中、一切反撃に転じませんでした。その理由とは。

長与千種さんが長谷川匡(たすく)店長に反撃せず『絶対に手を出さないと心に決めていた』理由とは?

110番通報から警察官が現場に駆け付けるまでの時間をリスポンスタイムと言い、全国的な平均時間は約7分だそうです。今回、通報から巡査臨場までは約3分でした。さすが道警本部のある札幌市内といったところです。私もイジメを目撃して何度か110番通報した経験がありますが(治安悪すぎw)、警察官が来るのは実際遅いですね。110番通報は受理台での受理と現場警察官への臨場指令が同時進行だそうで、受理台勤務員の女性警察官は『すぐに巡査が向かいます』とは毎回言うのですが、それでももっと早く来て欲しいと思います。事件の内容によって、警察官臨場の格差がついているのは仕方がないこととは思いますが、暴行事件ですから迅速に着ていただきたいですねー。

さて、この長谷川氏からの一方的な暴行の最中、長与千種さんは一切、自分から彼にプロレス技をかけるなどの反撃をしなかったそうです。

ちなみに長与千種さんの得意技

リバースフルネルソンの体勢から相手を担ぎ上げ、リングを対角線上に3歩助走をつけて相手を前方にサンダーファイヤーパワーボムの要領で投げ捨てるランニングスリー。

相手の胴を抱えて引き寄せ、その勢いを利用して相手の体を縦に回転させその遠心力を使いパワーボムの体勢に抱えあげる。その回転の流れのままスパイラルボムのように横回転し、最後はライガーボムのように前方に投げつけるスーパーフリーク。

ところが、長与千種さんは長谷川匡(たすく)店長から彼の奥さんを守るために、言葉で脅迫されても指の骨を折られても髪の毛を引き抜かれても一切手を出さず、文字通りの盾になることのみに徹したのは、ただ勇敢の一言に尽きます。

そして、長与千種さんが反撃しなかったその理由は「手を出したら(団体に所属している)若い子の人生をダメにしてしまう』というものだったのです。

日本の法律は正当防衛や刑法上の緊急避難であっても大変厳しく規定されており、アメリカのように自衛のための武装も認められないどころか、例えパワハラやいじめから身を守るためであっても、徒手での反撃すら許されず、反撃をした時点で犯罪者と同格、すなわち喧嘩両成敗扱いとなり、警察からは被害届受理の拒否を受けるのです。これを知っているからこそ、反社は被害者側にも手を出させようと仕向けてきます。例の『勝負しろやおらあ。しねーのかおらあ』ですね。

また格闘技などの選手であった場合はより深刻です。誰かを助けるためであっても、自分の技を使って相手に怪我でも追わせてしまえば、過剰防衛にも問われかねません。

結果として、長与千種さんは後輩の現役選手たちを守るため、自らは一切手を出さずに長谷川匡(たすく)店長の凄惨な暴行に3分間も堪えていたのだそうです。これは本当に大事なことですよね。喧嘩を売られても絶対に買ってはいけないのです。

しかしこの間、長谷川匡(たすく)店長は長与千種さんの髪の毛を引っ張り抜くなど、かなり悪質な暴行をします。

その後、長谷川匡(たすく)店長は通報で駆け付けた制服巡査らに暴行で現逮され、ワッパを打たれるのですが、道警機動捜査隊の女性刑事は長与千種さんの危険を省みない勇気を称賛したそうです。表彰してあげてほしいですよね。

いま社会が求めているのは長与千種さんのような優しさと強さを兼ね備えた母性愛あふれるヒロインですね。

長谷川匡(たすく)氏の店はどこ?住所は?顔写真は?

さて、今回凶悪な事件を起こした長谷川匡(たすく)氏ですが、彼の経営している店は滝川市本町1丁目2−26の三楽街と呼ばれる飲み屋街のなかの東映ソサエティビルという雑居ビルの中に所在する『BAR PLAT』という飲み屋です。昔、かもめうどんも同ビル内に入っていました。おいしいですよね。

また報道を典拠とすると、長谷川匡(たすく)氏の住所は滝川市緑町です。

今回もまた例のごとく、長谷川匡(たすく)氏も自分で顔写真など個人情報をSNS、いわゆるバカ発見器で世界に公開していました。従って、これは意に反して誰かに個人情報を流出させられたものではありません。

TwitterやFaceBook、それにInstagramなどの各種SNSはバカ発見器と呼ばれて久しいですが、自己顕示欲の強い人間は必ずと言っていいほど実名+経歴同時掲載でSNSをやっており、なおかつおかしな人物(馬鹿)は自分から問題になることを呟いて、大問題に発展する(いわゆる炎上)こともまた多いものです。

一般市民がSNSでちんけな経歴を公開して承認欲求を満たそうとしても、いざ犯罪者になって各種メディア、いかがでしたかブログに報じられたときに使われるのが関の山なので、実名でのSNSはやめたほうがいいですよね。少なくとも私は自分のやってる複数のトレンドブログで事件の犯罪者を報じるときには、彼ら本人のSNSから個人情報を根こそぎ引っ張ってきます。むしろ彼らもそれを望んでいるのではないですか。わざわざ自分で氏名と経歴などの個人情報を公開するのですから、典拠元示してそれを引用して非難される筋合いはありません。もちろん、ハッキングやウイルス被害などによって、意に反して誰かに出された場合や誤って出してしまった場合は別です。したがって、今回は店長氏自らの意思でSNSに公開した個人情報であり、それを引用しているに過ぎません。

砂川飲酒ひき逃げ事件の主犯こと懲役23年の上砂川の谷越受刑者は自分の子どもまで有無を言わさずバカ発見器に載せていましたが、個人情報と子どもの人権っていったい・・と、毎回考えさせられます。谷越受刑者の妻も消さないところを見ると、夫のスマホは警察が押収しているため、どうしようもできないようですね。まだ却ってこないのか、パスを知らないのか離婚したのかわかりませんが、これが自らによる個人情報の安易な公開の怖さであります。親がこのような者ですと、親の自己満足と承認欲求の犠牲となった子どもは有無を言わさず、勝手に写真を載せられてしまいます。頭にそり込みを入れた男児の写真は当時の2ちゃんねるで大変話題になり、いろいろと考えさせられました。

長谷川匡(たすく)は滝川西高校を卒業

SNSの同氏のプロフィールによれば、長谷川匡(たすく)店主は滝川西高校を卒業したそうです。滝川西高校は学科にもよりますが、偏差値が46程度と言われ、北海道内では中堅であり、出席日数を稼ぎ、部活動でイジメ抜かれ、教師にへつらい、数値目標をそれなりにクリアしていけば、道内の上位企業に就職するパスポートとしては充分に効力を発揮するでしょうし、夢のホワイト職場・滝川市役所の職員も夢ではないでしょう。

また、滝西は国公立大学進学者も多いそうです。ちなみに滝川高校の偏差値は54から64だそうです。(1985年に出版された中空知防衛軍のあさりよしとおさんも滝川高校の出身ですね。あの漫画は滝川市が舞台で面白かった。なぜか滝川市内の書店で売っていた。店主w)

そして長谷川氏は何らかの会社に勤務したのちに店を開業したそうです。ただ、賃金の安い北海道の会社務めをしながら27歳でどうやって開業資金を得たのか詳しくは不明です。一般論では借金もあり得るでしょう。もしそうであれば、借金達磨の状態でこんな事件を起こすなんて、信じられませんよね。

長谷川匡(たすく)店長、高校時代は超イケメンで有名??

長谷川匡(たすく)店長と同級生という方が彼を『学生時代は超イケメンで有名』だと話していました。イケメン、イケメンと滝川西高時代の同級生や客ら各方面からもてはやされていた長谷川匡(たすく)店長ですが、イケメンだろうがブサメンだろうが、女性の髪の毛をブチブチッと引き抜く暴力行為はいけません。そういうのを広義で弱い者いじめと言います。実態はイジメではすまない暴行罪です。社会人にもなってそれがわからないとはかなり深刻です。

いずれにせよ、在校生も卒業生も恥ずかしいでしょう。犯罪の内容も非道ですし、全国的に有名になってしまい、複雑な気分でしょうね。ある滝川市内の会社のブログは同級生として店を紹介するなど、winwinの信頼関係の醸成に努めていたはずが、事件後すぐに彼と店のヨイショ記事を削除・・・(笑)友情っていったい(笑)まあ、当然ですね。こんな事件を起こした人間を推していれば、会社にもクレームが来るでしょう。

長谷川匡(たすく)の経営する店舗のレビューがめちゃくちゃな低評価に。

飲食店経営者・長谷川匡(たすく)氏が妻ならびに元女子プロレスラーに対して行った凄惨な暴行が日常的なものだったのかは北海道警察の捜査が続いてることと思われますが、一般論で言った場合、仮に日常的だったとしたら、罪も重くなりますね。

当然、DVの被害者や女子プロレスラーのファンも今回の暴行事件には激怒。長谷川匡(たすく)氏の経営する店舗のレビューを低評価にしています。法的な問題があるため、当サイトではそれらのレビューをご紹介できかねますが、かなり手厳しいコメントがありました。

不祥事のレベルを考えれば仕方のないこととは言え、不祥事を起こした店はたいていこういう結果になりますね。誰が悪いんでしょうか。一般論では本人でしょうねえ。

長谷川匡(たすく)は容疑を認めた?長与千種さんは訴えないと宣言するも、その甘さに『私のイイネを返して』という批判も噴出

報道によれば、長谷川匡(たすく)氏は容疑を認めています。警察としては珍しく認否を明らかにしていますね。今後は示談交渉で長与千種さん側の代理人とかなりモメると思っていたのですが、11月20日に長与千種さんが声明を発表しています。

それによれば、長与千種さんは長谷川匡(たすく)氏を訴えるつもりは全くないそうです。

今回の事件では長与千種さんの『優しさ』と『勇気』が人々を感動させています。長与千種さんの『優しさ』の根本である『過ちを犯した人を許す』というポリシーは彼女の父親から受け継いだものだそうです。

しかし、こればかりは長与千種さんも、ひたむきな優しさは見せずに示談には応じず、警察に対して『悪質なので起訴してほしい』と一言添えてほしいですよね。そうでなければ、DVをやられた妻の身も危険です。

実際、Twitterには今回の長与千種さんの『訴えません』という対応に一部で批判も起きています。下記にいくつかご紹介してみます。

このようにとくに女性から批判が起きているようです。一方で、逆に世の中にはこういう男になぜか惚れる女もいるというのも不思議ですよね。とあるDVのご家庭では事件が起こる度に奥さんが子どもを連れて家を出ていくものの、何日かすると、また旦那の所に戻ってきて、しこたま殴られて玄関がデルモンテのトマトジュースぶちまけたみたいになり、そしてまた110番で警察官が臨場するという構図の繰り返しだそうです。

で、夫が『もう二度と殴らないから許してくれ。帰ってきてくれ。お前しかいないんだ』などと甘い言葉をささやくと、コロッと騙されてまた家に戻るんですってテレビの前の奥様w なんで?この怪奇現象をなんと言うの?

男のストーカーも未練たらたらですが、女のほうも大概ですよね。イケメンだの高学歴だの高収入だの高画質だので男を選び、夫のステータスにマウントする妻の時代、起きうる顕著な問題でもあるでしょうね。これは一般論です。高画質は関係ねーだろ(笑)

ただ、今回の長与千種さんの「彼(長谷川匡)の気持ちも分かりました」というコメントは何を意味しているのでしょうか。何を分かったのでしょう。

プライバシーの問題もあり、報道では長谷川匡(たすく)店長が妻に暴行を加えた直接の原因を報じておらず、何も典拠とするべきソースがないために当サイトでも憶測は控えますが、意味深です。

まとめ

それにしても今回、妻に暴行しているところを有名女子プロレスラーだった元選手・長与千種さんに制止と説諭され、それに逆切れして暴行を加え、全国に名前をとどろかせた滝川市の長谷川匡(たすく)店長。

しかも一番証拠が残りやすい暴行でイジメるとは・・。言葉でいじめるから頭が良いという話でもありませんけれども。

いずれにせよ、酒を飲んだうえでの不祥事という点では、昨今の飲酒運転にも通じる悪質さがありますね。しかも、客にお酒を提供する店舗の経営者としても、一番やってはいけない行為で最悪の不祥事です。酒を飲んで自制のコントロールができない人間が客に酒を提供するバーのマスターに就くとは。むしろ一滴も飲めないのに『酒は犯罪のもと、禁止しろ』と声高に叫んでる人たちよりある意味怖いですね。

一般論ですので、特定の誰が、という話でもないですが、こういった業種は自分の名前がある意味、店の看板ともなりますから、不祥事を起こした店長が今後も店を続けていくなんて考えると複雑。

ちょうど先日、嘘インチキによる企業の私物化、自分の子供の学費も会社に出させていたことがバレて逮捕された日産のカルロス・ゴーン容疑者も前妻にDVをやっていたと週刊誌が報じています。ゴーン容疑者のように他人(自社の社員など)に厳しく、自分に甘いサイコパスの人格破綻者ほど経営層にいるものです。むしろ経営者にサイコパスは向いているんだそうです。相手に暴力を振るう人間というのもサイコパスなんだそうです。言われてみれば思い当たる人間がいます。

なお、この件について続報が入っていますので、以下の記事もお見逃しなく。

【続報】滝川市の飲食店経営者が被害者に加えた悪質暴行で被害者に後遺症発症!