モーターグライダーは何故墜落したのか。

この記事の所要時間: 1012

事故の概要と詳細

tuiraku2015-002

画像引用元 道新ニュース

 

2015年5月30日土曜日。滝川スカイパークに所属するモーターグライダーが浦臼町内に墜落し、会員の男性操縦士が死亡した。現在までに報道されて分かっている事実をまとめてみる。

墜落までの流れ

30日午前11時46分ごろ、滝川市中島町に所在する『滝川スカイパーク』から、東京の男性が操縦する一人乗りのモーターグライダーが軽飛行機ロバンDR400に曳航されて離陸。

男性の操縦する機は高度1500メートルで切り離されて自力飛行を開始。正午ごろまで滝川スカイパークと無線で交信をしていたが、その後は呼びかけに応じず、通信が途絶。このため、スカイパークは午後15時15分ごろ軽飛行機で周辺の捜索を開始した。その結果、15時45分ごろ、滝川スカイパークから南西に約11キロ離れた浦臼町オサツナイの神内ファーム所有の牧草地でグライダーが墜落しているのを発見し、15時50分、滝川スカイパークが道警に110番通報した。

およそ一時間後に、駆けつけた警察や消防などにより、男性は砂川市内の病院へ搬送されたが、同病院にて死亡が確認された。死亡した男性は、東京都中央区、松田淳さん(44)と確認された。読売新聞によると、松田さんが会員となっている滝川スカイスポーツ振興協会の話として「松田さんは大学時代から操縦経験があり、キャリア、実績は十分な会員だった」と伝えている。

NHKウェブサイト 関連ニュースサイトによる報道 【朝日新聞】”練習当時、地上はやや強めの風が吹いていたという” http://www.asahi.com/articles/ASH5Z6FXZH5ZIIPE01L.html 【NHK】

”通報を受けた警察や消防などが捜索したところおよそ1時間後に、10キロほど離れた浦臼町の牧草地に墜落しているグライダーを発見”

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150530/5182431.html 【NHK】
”松田さんが持っていたGPS機能付きの電子機器を回収し分析”

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150531/5191841.html

【北海道新聞】北海道・浦臼でグライダー墜落 滝川を離陸、操縦男性死亡 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0139674.html

墜落地点

tuirakugenba

墜落の翌31日は日曜日だった。昼、墜落現場である浦臼町の西側、神内ファーム所有の牧草地帯へ向かった。道路からは墜落地点は見えず、現場をミニパトが封鎖して警戒に当たり、その周りに報道陣が集まり、上空には何とか新聞と何とかテレビヘリの二機が旋回しており、ある周波数が騒がしかった。

墜落した機体の場所は道路から牧草地のさらに奥、数百メートル先のようだ。

車のテレビで11時30分のニュースを付けると、全国ニュースでは扱われなかったが、37分からの道内ニュースでは、やはりこの墜落事故がトップニュースだった。

ヘリからの映像が映し出され、そこには緑の牧草地帯に主翼と尾翼を大きく破損させたグライダー、そして周りにはミニパトと覆面が止められ、紺色の作業服を着た10人余りの砂川警察署の刑事と鑑識が、忙しく現場検証している様子が映っていた。tuiraku2015

ニュース映像で見る限り、機首前方はめちゃくちゃに破損しており、機首から落ちたことは確定的だろう。

主翼の破損については、どの時点で断裂したのか不明だが、墜落現場付近の樹木に「当たったような跡がある」と一部のニュースで報じられている。

写真引用元 NHK報道

事故調査委員会のコメント

tuiraku2015-003_2

夕方、食事が済んで、道内のニュースを見ていると事故が報じられており、本日の昼には航空事故調査官が現地入りしていたとのこと。

「異常な落ち方だなという印象」との航空事故調査官のコメントに、筆者はただならぬ違和感を覚えた。

また、6月1日に報道された北海道新聞でも同様に事故調査官の発言として「気象条件も悪くない中、なぜこのようなことが起きたのか疑問の方が大きい」と意味深な発言をしていた。

事故調査官「気象条件も悪くない中、なぜこのようなことが起きたのか疑問の方が大きい」

引用元 北海道新聞社
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0140197.html

墜落した機体は、モーターグライダー

モーターグライダー「シェンプ・ヒルト式ディスカスbT型」JA20TD http://www3.ocn.ne.jp/~skypark/Sata_Fleet/JA20TD.htm http://www3.ocn.ne.jp/~skypark/Sata_Fleet/Fr_Fleet_Page.htm

滝川スカイパークでは9機の動力型グライダーを所有しており、今回墜落したのはJA20TDでスカイパークが所有する機体。

一見、ピュアグライダーのようだが、コックピット後方に格納式のエンジンを備えており、モーターグライダーに分類される。

しかし、滝川スカイパークのサイトに記載されている通り、この機種のエンジンは「自分で離陸が可能な本格的なエンジンではなく、あくまで上昇気流が無くなっても、飛行を維持出来るだけの最小限の補助動力的なシンプルな動力システム」とのことで、自力での離陸や本格的な自力飛行が難しいという。

すでに報道されているニュースによるとこの機体は異常なく、定期検査を受けて合格した機体だという。

滝川スカイパークに私服用無線車が

redfukumen001

滝川スカイパークには屋根にTAアンテナをつけ、車内ピラーにパトライト・コード留め用のクリップを付けた私服用の「エクストレイル」が止まっていた。

http://www2.famille.ne.jp/~mst-hide/back6/130603.html

交通安全大好きサイトでもネタにされているが、「真っ赤なアレ」が存在するということに驚きを禁じ得ない。

今回の事故の捜査は道警本部、滝川署(スカイパークは滝川市に所在)、砂川署(浦臼町を管轄)の合同となるとみられる。

機体に異常見つからず

6月1日夜のNHKラジオのニュースにて 「滝川市内の倉庫にて国土交通省航空事故調査官による事故機の機体の調査が行われたが、機体には一切の異常がなかった」と報じられた。

事故から3日が経ち、まもなくこの事故に関する報道も皆無になるので、あとは国土交通省航空事故調査委員会が公表する事故調査報告書を待つしかないだろう。

滝川スカイパークの体験飛行希望者が前年の半分に

skypark_gl_1

事故から12月で6カ月となる。

航空事故調査委員会は調査中であり、大きな進展はないが、先日の北海道新聞では滝川スカイパークの体験飛行希望者が前年の半分になったと報じられていた。

滝川スカイパークでは以前から、道内外の観光客らが有料で体験飛行を楽しめる。

この減少は事故が少なからず、影響しているのではないかと報じる道新。

典拠元体験搭乗者数が半減 たきかわスカイパーク、墜落事故響く12/04 16:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0209414.html

事故機はモーターグライダーであるが、エンジンの無い本来のピュアグライダーは基本的に安全な乗り物だ。

墜落のリスクも少ない。

少なくとも滝川スカイパークでは下記のように説明している。

グライダーは安全な乗り物です。空を飛ぶものの中でも安全性は最も高い部類に入ります。

引用元 http://www.takikawaskypark.jp/mt/cat6/

taikenhikou2009-012-768x512

さて、これは知り合いから聞いた話でとるに足らない話だが、とある町のグライダーが、とある町の、とある宗教施設の上を飛ぶと、怒り狂って抗議電話する人がいるという。

「神様の上飛ぶな!なにい?子どもの社会見学で子供乗せて飛んでる?なら、学校の上飛べや。飛ばねえのかテメエ!」

って超凄い剣幕で。

まあ、滝川のグライダー、それに曳航機も言ってしまえば、道楽趣味の飛行機遊びである。

しかし、一見、空中を自由に飛んでいるように見えつつも、地上、すなわち地域住民の生活環境、さらにはシソーシンジョーの自由までも配慮し、運行されているのは事実である。

筆者はつい先日まで、神様(いわゆる、亡くなった人の霊、仏様と呼ばれる存在も含めて・・・)は多分いないと思っていた。

しかし、先日起きた出来事で、考えを改めざるを得なかった。

ただ、今日も池田山は黙って見ていると思う。

ところで、滝川市やその近郊では過去、新十津川町でピンネシリ山頂の気象レーダー建設に従事していた生コン輸送の中型ヘリが墜落している。

また、操縦訓練のため礼文空港から札幌飛行場へ向けて飛行中だった軽飛行機「富士重工 FA-200-160」がエンジントラブルのため、滝川駐屯地のヘリ離着陸用の芝生帯に不時着を敢行する事故もあった。

これらの事故では死者は出なかった。

一方、95年の赤平の墜落事故は最悪だ。赤平での航空イベントのため、滝川に寄って、その後離陸した他所のパイパー機が赤平の線路わきを低空飛行して鉄塔に接触、線路上に墜落して乗員3人が死亡している。

この事故では「事前に危険な個所を教えなかった」として滝川の某団体が遺族から訴えられて裁判沙汰になったが、被告人に責任はないとして裁判所に訴えが退けられている。

滝川場外滑空場の所有機体は平成元年、着陸中に転覆大破するなどの事故が起きているが、これまで会員の死亡事故は起きなかった。

しかし、今回残念ながら最悪の事故が起きてしまった。

亡くなった操縦者のご冥福を祈るとともに事故原因の解明を望む。

追記

2016年6月、国土交通省航空事故調査委員会が事故調査結果を公表した。

http://www.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/rep-acci/AA2016-5-4-JA20TD.pdf

 

滝川スカイパーク・グライダー墜落死亡事故まとめ

  1. 男性が乗る一人乗りのモグラが、軽飛行機に曳航され滝川市を離陸した。
  2. 滝川市から南西に約11キロ離れた浦臼町の牧草地にモグラが墜落した。
  3. 機体には一切の異常がなかった。
  4. 操縦士は十分なキャリアと技能を有していた。
  5. 「異常な落ち方だな」と事故調査委員会がコメントした。
  6. 事故後、滝川スカイパークの体験飛行希望者が減少した。事故が原因ではないかと道新は推測した。

このようにまとまりました。事故原因の解明を望みます。ところで滝川場外離着陸場が舞台となったドラマをご存知でしょうか。実はあるんですね。

執筆者 nakasorachi.net

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

[DVD] ノースポイント つばさ
価格:3119円(税込、送料別) (2016/7/30時点)

 

2003年1月からフジテレビ系にて放送された北海道文化放送30周年企画作品「ノースポイント」全6作品。「はつ恋」「ココニイルコト」「ソウル」「十三階段」の長澤雅彦が企画、監督、脚本に参加。北の大地を舞台にしたヒューマン・ドラマ。

札幌の女子高生・香織は母・優子とケンカし、滝川で一人暮らしをする祖母・一枝のもとを訪ねる。二年ぶりに会った一枝は、とても生き生きとしていた。「習い事やっててね」車の運転もままならない一枝が、グライダーをやっていると言うのだ。そんなある日、一枝は事故で入院してしまう。その知らせを聞き、優子が飛んできた。それは、グライダーで単独飛行する前日だった。一枝の思いを知った香織は、何とか単独飛行をさせてあげたいと願うが・・・。

あわせて読みたい