滝川市三楽街の女店主の飲酒運転により『飲酒運転根絶モデル地区』が早くも破綻

また空知で飲酒運転が起きてしまった。今度は滝川。いや、2019年には滝川市職員が飲酒運転と無免許運転で逮捕された事件が起きているから「また滝川」か。飲酒運転は砂川だけでなく、その隣の滝川も同じ穴のムジナってこと。

飲酒運転のうえ、嘘ついて無免許運転してた滝川市立病院の看護師、無事懲戒免職

ただ、今回のは信じがたいことに去年、滝川警察署から飲酒運転根絶モデル地区に指定されていた滝川市の歓楽街の中にある飲食店の店主自らが引き起こした衝撃的な事件という点だ。だから大いに取り上げたい。

逮捕されたのは滝川市本町で飲食店を経営する25歳の女

2021年3月14日未明、滝川市内で酒気帯び運転をしたとして、飲食店経営のF容疑者 (25)が逮捕された。逮捕されたのは滝川市本町の『imagination』というバーのママ 。自宅は緑町。

3Fにあったはずの『imagination』というバー。三楽街は今回の店主の飲酒運転に見られるほか、油ドロボーや本職のヤクザが飲み歩き暴れてる風紀の悪い滝川市きっての歓楽街。

ワロタ。

そういえば、以前、札幌で妻に馬乗りになっているところを女子プロレスラーに仲裁されて逆上して髪の毛をぶちぶちと引き抜いたりして逮捕されて全国ニュースになった滝川市の飲食店経営者も店は同じく三楽街で緑町在住だったな。

女子プロ長与千種に暴行した滝川市の飲食店経営者、店の詳細、顔写真、すべて判明!

滝川市の三楽街は『飲酒運転根絶モデル地区』なので覆面ウロウロ

ココ、知り合いに聞いた話では夜中に楽しい煉屋方面から市役所方向へチンタラ走っていると、ハングレみたいなクラウンにいつのまにかスーッとついてこられたらしい。煽られるわけでもなく、様子を伺うようにただゆっくりついてきて不気味・・・・・・。怖いと思ってドアをロックして滝川市役所の向かいのサンクスに入ると、スーッと行ってしまったそうだが、見ると中身がヘルメット。

滝川市三楽街付近を警らする210系クラウン・アスリート覆面パトカー(道警本部交通機動隊)。深夜0時を過ぎ、付近の滝川市役所や農協の駐車場に停められた車に乗り込む謎の人々を監視しており、必要なら声をかけ、息の匂いを確認する彼ら。

『それ、札幌→砂川分駐経由で来てる交通機動隊の210系クラウンアスリート交通覆面だよ。ストップランプ4灯、アンテナ車内秘匿。びっくりにナンバー出てるから。夜勤小隊のシールも貼ったほうがいいよ。僕は貼らないけど』とキモいオタク特有のすごい早口で教えてやりました。最近では滝川市にも山口組系「正道会」のヤクザが居住し、三楽街で暴れて捕まっていることがバレたのでなおさら恐怖を覚えたのでしょう。

ともかく、そんな飲酒運転取締りが人知れず(!?)今なお続けられるここ滝川市。取り締まり当局は本当にご苦労です。

さて、その滝川警察署が令和2年7月に飲酒運転根絶モデル地区という聖域に指定したのが、滝川および砂川の飲み屋街。今回のFママのお店がある三楽街がそれだ。これらの地域にあって酒を提供する飲食店は入り口に黄色い『飲酒運転根絶』のシールを貼ることで、DUI根絶の連携を取り締まり当局と深める・・・という手はずだったのだ。

砂川市と滝川市の歓楽街を飲酒運転根絶のモデル地区指定へ

滝川署の警察官らは滝川、砂川の飲み屋の一軒一軒を回り、ステッカーを配り歩いて、店内に掲示してもらうように要請したそうだ。

ある店舗関係者から聞いた話によれば、今でも飲酒運転で書類送検された砂川署の元巡査部長のことを持ち出し『あんたら警察だって・・・』と責め立てる酔客がいるそうだ。道東地域の方面本部長による訓示中にも「アレは同じ警察官として本当に恥ずかしい」という言葉が出たあの事件。忘れはしまい。

そんな中で無力感を感じながらもシールを配り歩いた滝川署の警察官たち。泣ける。ご苦労なことだ。ちゃんと貼ったの?取締り中の警察官に”暇人”と中傷したお店は。

なお、砂川飲酒ひき逃げ事件発生当時からこの地域の警察行政の知識をアップデートしていない他地域の方々へ説明させていただくと、すでに砂川警察署は滝川警察署に統合・廃止され、現在は滝川警察署砂川警察庁舎になっている。事実上、滝川警察署が砂川市を管轄しているわけだ。

滝川署および、砂川警察庁舎では24時間体制の自動車警ら係を置いて同市の治安維持の先鋒を切っている。さらに砂川警察庁舎には、一旦廃庁となった交通機動隊砂川分駐所が復活し、同庁舎に”事務室”が併設されている。

砂川市のある市議によれば『いつの間にか、知らないうちに無くなっていた』とまで言われた旧・交通機動隊砂川分駐所。堂々の復活である。

砂川警察庁舎と24時間体制の自動車警ら係

滝川警察署の小野暁行交通課長は「飲食店は客が飲酒運転をするおそれがあるときは、すみやかに110番してほしい」として、砂川社交飲食協会の代表や滝川の歓楽街の代表者らと覚書を交わし、指定書の交付式を行い、店側の協力を期待していた。にもかかわらず、今回その滝川市三楽街の飲食店店主みずから飲酒運転を敢行したわけ。これはひどい。

警察と歓楽街の信頼関係の醸成は1年経たずにあえなく破綻、飲酒運転根絶モデル地区なるイマジネーションあふれる構想も頓挫するという深刻な事態を誰が予期しえたであろうか。

『imagination』のママさんの逃走劇

この『imagination』のママ25歳宅は滝川市緑町だったそうだが、パトカーに追いかけられた彼女は正反対となる中島町方面(滝川スカイパーク方面)へ逃走を図っている。ここで彼女は住宅街の私有地に勝手に入り込み、住民の車両に紛れて身を隠すものの、すぐにばれて再び逃走。しかも、一般車両に当て逃げしながらの全力逃走だ。

パトカーに呼び止められた発端は?

なお、今回の逃走劇で実際に対処したパトカーがどこの所属なのか詳細は判然としない。滝川署地域課の自動車警ら係なのか、交通機動隊の210系レーザーや覆面なのかは不明だ。前述のように、普段から滝川の歓楽街では白黒パトカーや覆面がウロウロ。いや、正確には2015年6月の砂川飲酒ひき逃げ事件のあと、警戒が増した。火事で全焼した店の正面を貫く大きな道路を中心にパトカーがグルグル。その直後、2015年の10月にはあの深夜の悪夢が。

まあ、何がいてもおかしくはない昨今の滝川市惨落街もとい三楽街の状況らしいってよ。

砂川警察庁舎のそばにあるローソン。後方照射型レーザー測定装置を搭載している210系クラウンアスリート。

ママ25歳ことF容疑者は14日の午前3時過ぎ、職場たる自身の店『imagination』がある三楽街付近でパトカーに呼びとめられた。おそらく店を終えて自宅に帰ろうとしていたところだろう。

報道によれば声かけの理由は整備不良とのことで、おそらく尾灯切れか何かだったのだろう。一般論では些細なことから職務質問した結果、ハサミ、ハーブでも持っていたりでもすれば、今月の売り上げ目標の達成に一歩近づく。警察官のノルマも営業マン同様、きついのだ。ご期待ください。

ところがFママ、『マエノクルマノウンテンシュサーン、トマッテクダサイ、トマッテェ・・・・・・』というあの野太い声の停止命令に従わず、スーッと行っちゃったもんだからさ。

滝川市緑町の飲食店経営・(実名削除)容疑者は、14日午前3時ごろ、繁華街の付近で乗用車を運転していたところ、パトカーに停止を求められました。

しかし、(実名削除)容疑者は停止せず、パトカーが赤信号で停止すると、交差点を右折して新十津川町方向に逃げました。

警察がすぐに、一般住宅の敷地で停まっていた(実名削除)容疑者の車を見つけ職務質問をしようとすると、(実名削除)容疑者は周囲の車などに衝突しながら、国道451号線へ逃走しました。 その後、事故の通報があり、警察が駆け付けたところ、(実名削除)容疑者の乗用車が橋の欄干に衝突していました。

出典 https://www.hbc.co.jp/news/75ef352af6733fca47a580db845da6fc.html

少し不思議だが、声をかけてとまらなかった際、パトカーは緊急走行で追いかけず、赤信号で停止しているという。少なくとも上の記事に拠れば。

なお、ほかの報道では以下のようになっている。

午前3時10分ごろ、滝川市中島町で乗用車が橋の欄干に衝突する事故がありました。警察が調べたところ、運転していた滝川市緑町の飲食店経営、(実名削除)容疑者(25)から、基準値の2倍のアルコールを検出し酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。この事故の直前、(実名削除)容疑者の車に整備不良を見つけたパトカーが停止するよう求めていましたが、(実名削除)容疑者は住宅街の小道に入り込み、さらに駐車場や車に接触する事故を起こして逃走しました。パトカーが(実名削除)容疑者の車を見失った数分後に、「信号無視で追い越した車が橋の欄干にぶつかった」という110番通報があり、警察が駆け付けたところ(実名削除)容疑者だったということです。

出典 https://www.htb.co.jp/news/archives_10739.html

Fママはパトカーに狼サイレンでウーウー威圧され、頭がパニック。新十津川方面へ逃走を図ったのだろう。滝新橋手前の交差点で他の車が赤信号で停車中、それを追い越して猛スピードで橋に突入したFママ25歳。

石狩川にかかる滝新橋を滝川方向から新十津川方向に撮影。国道451号(滝新バイパス)の道路橋梁。長さ754.0m、幅15.0m。たぶんこの信号を無視して突入したんじゃね?

信号を越えて進むと、左側の欄干に何か工事用のネットが設置されている。

しかし、滝新橋は飲酒運転する女が大嫌いだったようだ。車は橋の欄干(フェンス)に激突。撮りたかったよ。

これがFママが衝突した箇所なのだろうか。

Fママの呼気からは基準値の2倍のアルコールを検出。酒気帯びで逮捕された。なお、Fママは衝撃で前歯が折れたという。

それにしても他人の車に衝突して逃げるのだから当て逃げだ。橋の欄干も含めて損害賠償がきつそうだ。

しかし、こういうのってまともに払われるのかねえ?この前の軽油泥棒の舎弟が民家に突っ込んだ事故も、運転手が逃げて翌日逮捕(酒抜き?)されていたが、民家の補修工事はいまだに行われていないという。悲惨すぎるだろ。

事件で思うぼくのかんそう

警察が公文書で好んで使う言葉に『信頼関係の醸成』というのがある。

誰と?それは地域住民であったり、パチンコ屋だったり、果ては新任警察官と上司というシチュエーションでさえ使いたがる。

ひとつ、滝川警察署が2020年に行った飲酒運転根絶モデル地区指定が1年も経たぬうちに今回の飲酒運転で早くも破綻したこと。警察署と飲み屋街の代表者が互いに覚書を交わしてシールを各店舗に配ってドアに貼り付けるのは信頼関係の醸成どころか、DUI根絶に何も寄与しないということがわかってしまったという悲しい現実。根絶できなかった。

抑止効果という点では砂川市の飲み屋街のアーチ上に付いた防犯カメラのほうがまだその役割を果たしているのではないか。

警察と飲み屋との信頼関係の醸成とはなんぞや?本当に不思議だ。

聞いた話では歓楽街の偉い人が当局から受けた言葉、かなりきつかったという。それはそうだろう。指定書の交付式まで盛大にやってしまった以上、名ばかりの飲酒運転根絶モデル地区指定ではない。ほとんど契約みたいなもんだ。AV女優ですら所属事務所と契約違反を起こしたら数千万円の損害賠償を請求されるだろう。『おまえ、20本は出るっつったよな?あ?話違うだろ。親も訴えるぞ。交通事故偽装して殺すぞテメエ。会社受け取りの生命保険で払ってもらうわ。こっちは警察とも仲間だからよ』などと。ぜんっぜん例え話になってない話をするんじゃない(笑)地方のご当地アイドルの闇みたいなのやめてください!アジアで一人負けの底辺劣等斜陽国のリアルな現実を文字に起こさないで。ち、ちがいます、俺(グロ画像好きの中3男子、新聞部所属、好きなアニメ・中空知防衛軍、尊敬する人・福永俊介、好きなラジオ・STVのアタックヤング)の頭の中のイマジネーションです。はい。もう死んだほうがいいよキミ。

ただ、imaginationのドアに例のシールが貼ってあったかどうかまでは俺は知らない。

ふたつ、Fママの個人問題で終わらせると、砂川のある公職者が放った台詞『砂川は現場として関係させられただけ。犯人は別の町の人間』と似た構図になる。特定の個人をそのときだけ叩くだけではいつまでも解決できない問題なのだ。

ただ、これについては俺自身がかつて6年前、谷越と古味の飲酒運転は彼らの幼少時代の家庭環境が原因と決め付けて、個人攻撃した汚点を省みてのこと。そのことは砂川飲酒ひき逃げ事件のレポートの最後でも言及している。

2人を擁護しないが、飲酒運転に関しては個人を叩いたところで済む問題ではなく、どうしても”地域社会の風紀”が関連してくる。そうなれば、犯人と周囲の人間、地域の行政と責任は折半だ。”遺伝子レベルで飲酒運転に寛容な地域が市町村を超えたレベルで繰り返している根絶できない社会問題”であること、個別の飲酒運転犯の生い立ちを深追いして晒し上げたところでとくに意味はなかったこと、それらに俺が実感するのは恥ずかしながらあとになってからだった。

しかし、多くの人々はわかっていながら相変わらず目をそらし続けると思うね、俺は(笑)

弱小企業、底辺飲食、同族経営、自称アットホームな職場です!に自浄作用がないのと同じように、この中空知、いや北海道という地域にもないのだろう(笑)