11月9日 砂川警察署員が飲酒運転。砂川市は事実上『飲酒運転の街』汚名返上が不可能に。

この記事の所要時間: 318

2015年11月、砂川警察署に所属する地域警察官(巡査部長)が飲酒運転のうえでパトカーを運転しようとして摘発された。

この事件の報道たるや、道内ニュースでは当然トップ扱い。NHK札幌放送局の女子アナですら、女が相手を威嚇するときに使う特有のセリフ「・・・ハア?(イラッ」を言うときみたいな「強い嫌悪感をあらわすときの怖い口調」をもって正義感マンマンで伝えていた。

「・・・ハア?(イラッ」

怖い怖い。底辺飲食のお冷や運びの女子高生や警察署の窓口のマンさまじゃないんだから。食べログなら星一つ。

当初の道新の記事によると、巡査部長は「留置管理部門」勤務という報道であった。つまり、巡査部長は砂川署に留置された古味の世話を6月にしていた可能性すらある。

報道によれば、巡査部長は10月の末ごろ、砂川署の同僚と共に居酒屋で飲んだ後、官舎に移り、さらにここでも同僚とともに8時間以上酒盛りし、翌日マイカーで砂川警察署へ出勤したそうだ。すげー酒豪。これくらい飲めなきゃバカにされて警察官なんて務まらないんだろうな。どんなに威勢がよくたって、酒が一滴も飲めない時点で男の魅力ゼロだもんな。酒の飲み方知らないオトコも魅力ゼロだけど。おいおい、恥ずかちいニュースになった滝川市の飲食店店長の悪口はやめたれや。

同僚らは巡査部長が翌日勤務だと知っていて、止めなかったそうだ。

これわざとだろ。

11日付けの北海道新聞朝刊を読むと巡査部長の肩書が「留置管理部門」から今度は「留置管理係兼地域係」に微妙に変わっていた。

筆者は警察のことなんぞなんも知らないが、一般的に地域係は交番勤務やパトカーで巡回をする地域警察官だ。当該署員は砂川署内に留置された古味の世話を6月にしていた可能性がある一方で、砂川市内を地域警察官として警らしていたのだ。

そんな砂川の秩序を守るはずの第一線の地域警察官が飲酒運転をしたことで、世間は大騒ぎ。同僚の指摘が無ければ、この巡査部長は「酒が残っているのはわかっていたが、基準値以下だと思った」として当日は酒が残った状態でパトカーを運転しようとしていたそうだ。

階級が上ならともかく、階級が下だったなら指摘する同僚もすごいが・・・。警察って底辺飲食同様のいじめ地獄で自殺者多いし。2018年には日本警察史上初となる『イジメ報復射殺事件』が発生し、親まで罵るパワハラの返り討ちで部下に射殺された巡査部長も出ている。裁判でイジメの事実認定されてるのに二階級特進ってすげー・・・。

砂川警察署を見ると、6月によく見た札幌の各テレビ局の中継車が3台ご臨場。一台は向かいの寺院の駐車場にいた。許可を得ての事だろう。中継車は左右からアウトリガを張りだし、20メートルはあるアンテナポールを垂直に伸ばし、中継準備。

しかし、まさか谷越と古味を逮捕した砂川警察署の、その署員が起こした飲酒運転事件の取材のために再度砂川に集まるとは彼らも思わなかっただろう・・・。

なお、「砂川市はトドメを刺された」との悲痛な言葉は11月10日付の北海道新聞に掲載された飲酒運転防止の啓発活動に力を入れてきた砂川社交飲食協会会長(65)の言葉であるが、警察に刺されるとは思ってもみなかっただろうな。

なぜ刺したのだろう。それはわからないが、砂川警察署は一般人が理解できないことを他にもやっている。

2016年6月4日の砂川飲酒検問にて検問突破発生!ステップワゴンが事故現場を赤無視で逃走!さらにパトカーが捕まえずに帰ってきた直後、花壇のコンクリにバックでぶつけて自損事故

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする