滝川消防署員、複数の民間企業でバイトして停職3ヶ月、即依願退職

この記事の所要時間: 146

税金で養われ体を鍛えた消防吏員が、もてあました暇な時間を使ってさらに富を独占しようとする悪質きわまる構図。二束のわらじを履けるのはボランティアかつ崇高な精神を持った消防団員だけだ。

金を稼げて自分さえ良ければいいのだろうか。それじゃ、どっかの底辺飲食の連中と同じだぜ。

普通の若者は日曜日の青チラシの自称アットホームだかなんだかのバイトで騙されてヒイコラいってんのによ。中年に至ってはバイトすらねーだろこんな糞だめ地域。

公式発表によると、滝川消防の20代男性消防士長Aは、複数の営利企業に従事し、報酬を得ていたため、停職3ヶ月の懲戒処分を受けた。なお、同職員は処分日と同日付で依願退職した。

この前の滝川市役所元職員の岡本容疑者の記事でも書いたが、なんだか甘いなあ滝川の公務員は。

飲酒運転のうえ、嘘ついて無免許運転してた滝川市立病院の看護師・岡本大地がヤバい!顔写真は?

滝川消防署のサイトってワードプレスで作ってんすね。

http://takifire.com/wp-content/uploads/2019/07/cd0b781163bbdd2209f6486464bfc766.pdf

煉屋が失火炎上で全焼させた記事でも書いたが、命を懸けて他人の失火や放火と戦ってるマトモな消防士がいる一方で、こんなカスがいたらやってられないだろうね他の消防吏員も。それとも誰でも大なり小なりやってることだと擁護するか?

とにかく、20代男性元消防士長Aはこれからは市民の税金でヌクヌクと生きるほうじゃなくて、税金むしりとられるだけのブルーカラー(ジジイくさい表現だなw)の下級国民に格下げってこと。

この国の貧乏人は他国に比べて盗られる税金が少ないから恵まれてるって言うがありゃウソだろw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする