中空知.net

北海道中空知地方のニュースや出来事を掲載

*

砂川市内のアンダーパスで教育委員会のバスが屋根をひっかけ立ち往生する騒ぎ

   

この記事の所要時間: 19

2017年8月5日の午後6時30分ごろ、砂川市内の鉄道高架橋、いわゆるアンダーパスで砂川市外の教育委員会のバスが2.8メートルの高さ制限に屋根が引っかかり立ち往生し、現場は一時騒然とした。

バスはルーフの後部が一部損傷したが、自走可能状態で駆けつけた砂川警察署の制服や刑事による誘導を受けてバックオーライで自力脱出。手前の黒シャツにカーゴパンツ、ボディバッグ、腕章のおじさん。警察24時で見る機動捜査隊員ってまさにこんな格好してるが、全部ジーベックとホーマックで1万で揃うぜ。

砂川署の警ら砂川11号って未だに200系・・。210系は配分してもらえないのだろうか。いや、滝川ですらレガシィだしな。

現場は砂川市中心部にあるJR砂川駅から札幌方向へ約200メートルのアンダーパス。普段、一台分の幅しかなく、車両はアンパス通過直前に減速し、パッシングで意思疎通して譲り合って通過している。

損傷したバスのルーフ後部。一部めくれ上がっている。

実は筆者も18歳のころ、ラブホテルの入り口に車の屋根をひっかけたことがあるが、これを公道でやらかすとかなりきつい。

いずれにせよ重傷者はいないようで不幸中の幸いである。
気を引き締めた運転を心がけたい。

写真提供・名無しちゃん様

 - 中空知の事件事故