この記事の所要時間: 225

本州の観光客が北海道へ来るとその交通マナーの悪さに呆れかえると言うが、それを如実に表したのが道央を貫く12号だ。

国道12号は札幌市から旭川市へ至る一般国道である。「日本一長い直線道路」の異名を持つこの12号であるが、その原始は1886年(明治19年)5月に着工され「死の突貫作業」によって生まれた「囚人道路」こと上川道路にまで遡る。

上川道路の工事作業には樺戸集治監、つまり刑務所の受刑者が使われ、過酷な強制労働によってわずか90日で開通したという。平民には人権なんぞ無いに等しい明治の日本。蝦夷地の囚人には使い捨てのブラック飲食店のようにさらに無い。

帝愛並みの過酷な強制労働に囚人が隙をついて脱走でもしようものならば、耳に穴を開けられて、耳と足を鎖でつながれたという。重労働にもかかわらず、自称アットホームなお店です!同様にロクな食事も与えられず、過酷な長時間作業によって工事現場で絶命する者が多数いたが、その散った囚人の命の数は虫けら同様だとされたのか、記録には残されなかった。

また、その遺体も手厚く葬られることは無く、12号の土中深く今も多くの鎖につながれたままの遺骨が埋まっており、未来永劫、掘り起こされて供養されることはない。我々は日々彼らの上を通る。

彼ら囚人の中には殺人を犯した凶悪犯だけでなく、政府に文句を言って捕まったいわゆる思想犯もいた。彼らもまたこの使役により命を落としている。

このような黒歴史はともかく、現代では交通機動隊砂川分駐が設置され、平穏が保たれていたようにも思える。

しかし、それもつかの間。近年の同分駐廃止も相まってか、過酷な道路状況となっており、自動車の高性能化、”マイルドヤンキー”と称されているチンピラを絶好の顧客としたトヨタ自動車のミニバン販売戦略もあってか、もう道路マナーは滅茶苦茶。

周りを見れば、酔っ払いの砂川市議の高級セダンや女性配達員の車が街路樹に突っ込んでいる。同僚と酒盛りして二日酔いで出勤し、パトカーを飲酒運転しようとする砂川市の警察官がいる。小学校の運動会で保護者が酒を飲み、飲酒運転で普通に帰る。

こんな無法地帯を観光客のレジャッコが制限速度で走ろうものならば、地元砂川の変てこなシール貼ったプリウスやベルファイヤやアルファードでガンガンに煽られ、ワルそな奴らの機嫌が悪ければ殺されかねない荒れたスイートロードだ。プリウスは公道の主役というか街道上の怪物だからな。小林源文か。ニートフリーター滝川グラード。

砂川市・飲酒ひき逃げ死亡事件まとめ