西村京太郎の十津川警部シリーズ『札沼線の愛と死 新十津川町を行く』は、くっせー二次オタ小説じゃないですよ・・・・。

この記事の所要時間: 144

東京三鷹の殺人事件が新十津川町に波及か?過疎が進む北海道・新十津川町で『魔法使い騒ぎ』が突如として発生。その裏には悲しい殺人事件が。魔法使いの正体、そして目的とはいったい・・・。

西村京太郎・十津川警部シリーズの『札沼線の愛と死 新十津川町を行く』が予想以上に斜め上をいく面白さだったので紹介したい。なおネタバレ注意。

本作では主人公の十津川警部が自分の姓のルーツである奈良県十津川村と、それを母村とする北海道新十津川町の町名に言及するのも非常に興味深いが、現在、新十津川町ならびに周辺自治体で進行中の札沼線廃線問題、それに突如として(ひょんなことから)町長と警視庁捜査一課員などで臨時編成された新十津川町魔法使い探し隊の発足、さらに新十津川町長、JR北海道副社長など錚々たる面々が審査員にそろった新十津川町主催の魔法使いコンテストが新十津川ふるさと公園で開催されるなどなど、見所満載だ。

もうこれはお弁当のイベントって言うか、魔法使いのイベントだ!そこへ『本物の魔法使い』が突如出現し、JR北海道副社長にある要求を出す。魔法使い防止法違反で逮捕しようとする滝川警察署員らから4メートルのジャンプで悠々と逃げる魔法使い。騒然となる新十津川ふるさと公園。お、おう・・。

いったい今、新十津川で何が起きているのか・・・・。

この不安を煽るような言い方、いいねえ。『今、中空知は狙われている』って中空知防衛軍の冒頭のフレーズを思い出す。

もちろんこれはくっせー『なろう系』異世界モノ小説じゃないですよ・・・・。正真正銘の西村京太郎センセの『十津川警部シリーズ』です・・・。

本作でもあいかわらず十津川警部の名推理がさえている。これぞ警視庁捜査一課の刑事。まさにエスワンエスだ。ことあらば南は沖縄、北は新十津川まで越境捜査はお手の物。キザシで乗り付けて喫茶店で大盛りに挑戦してる新十津川署(そんなものはない)の刑事とはえらい違いだな・・・。何が楽しくて?酒、女、パチンコ・・だろ?いやいやいや・・・?なんなんなん?○川市に不倫遊びしてる刑事がいるらしい。

それにしても、同じ刑事でも警視庁の刑事と北海道警察の刑事ではここまで違いがあるのかよ。映画『日本で一番悪いやつら』では、道警銃対が行っている拳銃のヤラセ摘発をひょんなことから警視庁に知られ、主人公の道警刑事(モデルは稲葉)が、東京からやってきた警視庁刑事に『なるほど。道警さんの高い摘発率はこういうカラクリですか。・・・こんなことして恥ずかしくないのか~ッ!!』とグワッ!と一喝されるシーンがある。恥ずかしいわけないだろ。これが北海王国警察の流儀だ。犯罪がないなら作るんだ。それにこの街では警察官か自衛官になるしか働き続けられね~んだよ。『どうせあんたらもやってることだべ!』と食って掛かる主人公をよそに『この件は不問にしますが、この拳銃はウチが摘発しますから』と道警のヤラセチャカをお土産に持って帰る警視庁刑事がツボ。

それあなたの感想ですよね?はい。

さて、話を小説に戻す。十津川警部の地元、東京・三鷹で発生した男性射殺事件。そして時を同じくして北海道新十津川町で突如発生した魔法使い騒ぎ。魔法使いは4メートル上の新十津川町営バスの屋根にジャンプして高笑いの上、雪でコケることもなく悠々と雪夜に消えたという怪人騒ぎが発生したというのだ。

普通なら、事案としてすぐさま道警のほくとくん防犯メールで配信もされるだろうが、管轄の滝川警察署、それに地元の新十津川役場もモクが全員若い女性であることから、示し合わせた作り話の狂言か、若い女特有の集団ヒステリーとして信じてはくれない。女子高生が教室でこっくりさんを友達数人でやっていて、突然泣き叫んだり発狂することを集団ヒステリーと言うが、アレだ。なつかしい。今時こっくりさんなんかやる奴はいねぇ(笑)

魔法使いの目的は何か。なぜ新十津川なのか。東京で発生した殺人との関連は。人々の色々な思いが交差するこの街、新十津川と廃線の瀬戸際に立つ札沼線が舞台となる本作に刮目せよ。

JR札沼線(さっしょうせん)について

西村京太郎と言えば、言わずと知れたトラベルミステリー作品の旗手。列車や鉄道にすーげーうるせぇ作家としても知られている。

表題にもなっているJR札沼線は札幌市中央区の桑園駅から新十津川町までを結ぶ78.1kmの路線だ。本路線は周辺の町とJRが議論をして、新十津川をはじめとする近隣自治体がその廃止中止を求めてジェイアール北海道に嘆願をするなどしていた。JR北海道としては採算が取れないので、バスに転換したい考えだ。

このたび、ついに周辺自治体もソレを了承したことから廃線が決定。予定では2020年5月7日付での廃止となる。

十津川警部らの新十津川町内での魔法使い捜査の軌跡

あくまで、十津川警部らが新十津川町へやってきたのは殺人事件の捜査であって、魔法使い探しではないことをお断りしておく。それでは、十津川警部らによる新十津川町魔法使い捜査隊の軌跡をこのページで検証しよう。おい。もう、これは日本版Xファイルだ!スカリー役は誰なんだ。そんな奴はいねぇ(笑)

知らない人のためにかいつまんで説明すると、新十津川町は奈良県の十津川村を母村としている。

美しい奈良県十津川村の風景。いわずと知れた新十津川の『母村』だ。 引用元 十津川村観光協会お知らせ

1889年(明治22年)8月、十津川村で大水害が起き、160人以上の犠牲者が発生、そして生活の基盤を失った住民は全住民13000人のうち、3000人にも上った。このため村民らの一部は北海道のこの地に移住したのである。そして、ここ空知平野の荒れたオフロードを開墾し、農地として発展させたのだ。まあ、そこらへんはドラマにもなった新十津川物語を読むとなんとなくわかるだろう。2018年4月から7月には、北海道命名150年にちなみ、NHK総合北海道ローカル枠「北海道LOVEテレビ」にて再放送されていた。

新十津川は砂川の隣町であるが、砂川市と違い、いたって牧歌的である。これはやはり炭坑のぶら下がり街・砂川と、コメ農家の街・新十津川という違いからだろうか。飲んだくれの荒くれDV土建業オトコとオラオラ系にホの字の砂川ヤリマン、愛車は当然100回払いのヴェルファイヤ。もちろんDADシール!魔法使いがウイッチなら、尻軽女はビッチか。うるせーよ(笑)

十津川警部ら、新十津川物産館 食路楽館でシャリつけ

ここが食路楽館(くじらかん)。

出典 https://drive.nissan.co.jp/SPOT/detail.php?spot_id=42512

正式名称を新十津川物産館 食路楽館という。一階のみやげ物売り場では新十津川の名産のほか、母村である十津川村の名産品も各種並んでいる。階段の吹き抜けがまた圧巻だ。『シントツカワクジラ』の化石が吊るされているのだから。そして二階がレストランになっている。

館内レストラン「レストランくじら」に昼飯とモクへの聴取を兼ねてやってきた十津川警部は開口一番「参ったね」と嘆いた。十津川警部は思わず、そのメニューに呟いたのだ。十津川警部は『とりめんセット(650円)』が気に食わんのだ。

この部分はやっぱり、渡瀬恒彦で脳内再生されるよな。

しかし、恒彦は結局注文したのである。

『参ったね』と、いいながらも、十津川たちは、とりめんにめはりずしがついた、650円の『とりめんセット』を注文した。

引用元 西村京太郎著 『札沼線の愛と死 新十津川町を行く』

これが実際の『とりめんセット(650円)』である。

ドンッ。参ったね・・・。

作中にて十津川は『とりめんセット(650円)』に対するレビューをしてはいないが、十津川警部の「参ったね」の言葉から察するに、どうも十津川警部はめん料理または鳥料理が嫌いのようである。「七色いんこ」の千里万里子刑事か・・・。なぜ頼んだ?

この緑色のボタモチみたいなのは、飯を高菜で巻いた『めはり寿司』という。十津川村が所在する奈良の吉野地方に伝わる郷土料理だ。めはり寿司という食文化に馴染みのない北海道民からすると、寿司という名称から酢飯を連想するのだが、実際には中身は麦飯とおかかのおにぎりであり、多少拍子抜けした。

しかしながら、このとりめんセット以外にも意外とメニューは豊富(2017年当時)で、わざわざ、とりめんセットを頼む必要もなかったはずなのだが、やはり十津川村の郷土料理という事から、十津川警部らはこれを頼んだのではないか。

後述するが、作者の西村氏自身はすでに奈良県十津川村の観光大使に就任しており、めはり寿司を知らないわけはない。

 

ドンッ。参ったね。何回もしつけぇよ。勝手に参ってろ。だが、実際にはとりめんは出汁がきいており、非常に美味であったことをお断りしておく。

そして、十津川警部、亀さんらは同レストランの従業員から興味深い話を聞けたのであった。

これ、事件の首謀者は絶対、新十津川町の副町長だろ!魔法使い騒ぎを馬鹿らしいと一蹴しているのは自分に疑いの目が向けられないために決まってる。新十津川町副町長を今すぐ北海道迷惑防止条例違反で逮捕しろよ!

などとバカが素人丸出しで珍推理してみたものの、犯人(魔法使い)はもちろん、新十津川町役場とは全然関係がないのであった(ネタバレすいましぇーん)。

東京の警視庁から新十津川町へはるばるやってきた十津川警部らの捜査珍道中は続く

とくに新十津川を管轄とする滝川警察署から捜査支援などの連携を取るでもない十津川警部ら。道警の顔を立てるべきか、そもそも魔法使いの容疑は何だよ・・と苦悩したり、しなかったり、滝川のホテル三浦華園かホテルスエヒロとおぼわしきホテルのロビーで亀さんら他の刑事たちと捜査会議をしたり、しなかったりする捜査チームであった。

Xファイル2016で言うと、トカゲ男のエピソードだな。シーズン中、その話だけ他よりだいぶ浮いているという。

ちなみに魔法使いというと、老婆あるいは京都アニメーション作品の様に少女を連想させるが、本作の魔法使いは男である。なお、ウイッチは女性の魔法使いを指し、男性の魔法使いの場合はウィザードとされるのが業界的には一般的だという。何の業界だよ。

新十津川駅にて

ここが真冬の夜の新十津川駅。おっふっふ。幻想的じゃの。ヤツは現れた。そうここに。冬の新十津川駅に。魔法使いがここで鉄オタ刑事に取り押さえられるのだ。もうこの駅も見られなくなるんだぜ。

新十津川町主催の『魔法使いコンテスト』が開催される『ふるさと公園』

出典 http://www.shintotsukawa.net/park.htm

ところかわって、ここが新十津川町主催の『魔法使いコンテスト』が開催される『ふるさと公園』である。魔法使いの質と技量、ツヤを見極める壮大なコンテストである。

筆者が小学生の頃は、ナマズすくい等という妙な催しもあったが、2017年は魔法使いコンテストかよ・・。新十津川も京都アニメーション的な萌え文化に迎合するとは思わなかった。

とにかく、物語中盤ではふるさと公園での大騒動『魔法使いコンテスト』が花を添える。新十津川で起きた正体不明の魔法使い騒ぎが発端で火がついた魔法使いブーム、我こそはと思う老若男女が全国からこのふるさと公園に集まってお祭り騒ぎを繰り広げるのだ。10万人くらい収容できるぞ。ウソつけ。

コンテスト入賞者には新十津川の名産品、金滴などが贈呈されるというのだ。審査員も新十津川町長をはじめ、JR北海道副社長など錚々たる面々である。STV(たぶん)の中継車も来ている。

実はコンテスト参加者には本物の魔法使いも参加していた。4メートルのバーに飛び乗った彼は、驚く審査員や観客を尻目に、副社長らへある要求をするのだ。

魔法使いさんは、なんか怒った滝川警察署員らに『逮捕するぞ!』と脅されて拘束されそうになるのだが、得意の4メートルジャンプで現場を後にする。

俺の中の魔法使いの男のイメージとしてはこんなカンジw

出典 https://movies.yahoo.co.jp/movie/86137/

まとめ

あとは実際に読んでほしい。

こんな方法で新十津川を有名にしても、きっと彼らは喜ばないだろう(殺されたおっさんの言葉)・・・っておい。

でもこれ、すげえ面白い。別に十津川警部シリーズファンではないし、日本の刑事ドラマよりも超常現象を追うX-FILESのほうが好きなのだが。

ちなみに西村京太郎氏、御年86歳である。氏がどういう想いで魔法使いなどというネタを題材にしたのかはわかりかねるが、編集者に『センセイ、魔法使いなんてネタはどうですか。冬の北海道と相まって幻想的でしょ』と言われても、御年86歳に萌え萌え魔法使いの話を書けというほうが無理だ。だからオッサンの魔法使いなんだろうな。てか、西村京太郎氏って昨今のアニメとかマンガの萌え文化についてどう思ってるんだろうなあ・・・・。と思ったら、センセ、ちゃんとアキバが舞台の作品『アキバ戦争』を2008年に執筆なさっていた。なお執筆当時の西村先生は78歳。警視庁捜査一課の刑事が誘拐された美少女メイドを見つけるため、美少女抱き枕を持って、秋葉原を捜査するという、なんとも味のある西村京太郎作品に仕上がっている。

あばっあばっ・・。おじいちゃん、アスカが西村京太郎作品全巻ブックオフに持ってったげよっか♪

いや、そんな話はどうでもいい。『魔法使い』に言わせた新十津川町に対する純粋な想いは、氏の想いそのものだと思えた。

これは新十津川町全面協力のもと、UHBでドラマ化待ったなしだろう。それも札沼線が廃止になる前に出来るだけ早めにやったほうがいい。

筆者は魔法使いコスプレコンテストのエキストラで絶対出るぞ。ただ惜しむらくは十津川警部役を演じた渡瀬恒彦氏が2017年3月に鬼籍に入られていることだ。ドラマで十津川警部役を演じた俳優は複数いるが、筆者は渡瀬恒彦氏のイメージしか浮かばない。本作を読みながら筆者の頭の中で繰り広げられた光景は渡瀬恒彦と伊東四朗が事件解決後に三浦華園で新十津川の名酒・金滴に舌鼓を打つ場面だしなあ。

なお、本作品について、2017年3月の毎日新聞によれば『新十津川町内で話題になっている』と報じられており、新十津川町役場ならびに住民も好意的に受け止めているようだ。同町としては作中のように実際に観光客の増加につながればという思惑もあるのだろう。

https://mainichi.jp/articles/20170309/k00/00m/040/042000c

追記・2018年11月、なんと新十津川町が西村京太郎氏に観光大使を嘱託した。これは、すでに母村である奈良県十津川村の観光大使に西村氏が就任していることが由縁であり、本作品出版記念というわけではない。なお、西村氏は十津川という村の名前を気に入ってシリーズの主人公に名づけたそうである。

この記事はもともと以滝川市の使い捨ての底辺の若者たちが起こした死体遺棄殺人事件のなかで触れたものだが、別個の記事に仕立てた。とくに強...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする