『車両ナンバー2766…被害者からの怒りのメッセージ』

ツイッターを見ていたら、砂川飲酒ひき逃げとその後に起きた砂川市議による飲酒運転に関するtweetで興味深いものがあった。

tweetは元砂川市議の車のナンバーについて報じるプレス空知の記事画像に言及したものだ。


その記事によれば、元市議の車のナンバーは2766であったというもの。2766というこの数字が表すものとは。

で、これも追記だが、当該議員は警察到着まで朝まで自宅で寝ていたというのが全国主要紙の報道であって、当サイトでもそう書いた。プレス空知の報道ではより詳しく書かれており、それによれば、朝九時ごろ同僚の市議によって議員は現場まで連れてこられた。サンダル履きで。全国紙によれば議員の自宅に訪問をしたのは同僚議員と警察官らであったから全員で連行されたわけだ(笑)

さて、その2766という数字であるが、言われてみればぞっとする。

確かに砂川飲酒ひき逃げの発生した日というのが平成27年の6月6日。星元市議の車のナンバーは2766なのである。

これを以って『市議として自覚の足りない被害者の怒りのメッセージだったのでは・・・と思っている(原文ママ)』と記事を締めているのは執筆したプレス空知記者の弁。

偶然と言えばそれまでだが、とある火事の写真にも何かがおんねん。写ってはいけない妙なものに筆者も「あっ・・・だな」と感じた過去があり、筆者としてもこの世で起きる霊的事象のすべてを否定するつもりは毛頭ないのである。

しかし、自分たちに都合よく物事を解釈してしまうこともあるのが我々の身勝手さである。

ただ、これが自覚のない飲酒運転議員に対する天国からのメッセージであるならば、事件後に飲酒運転をした砂川警察署員などらに対して、天国の被害者からのメッセージはないのだろうか。市議にだけあって彼らには無いのだろうか。無いとすれば解せないが、筆者には天国の被害者の想いなど知る由もない。